iPS研の特定拠点助教、論文にねつ造や改ざん湘南白百合に対応した藤沢の個別指導。さらに、初心者にも安心な格安のホームページ制作
 京都大iPS細胞研究所は22日、同研究所に所属する山水やまみず康平・特定拠点助教(幹細胞生物学)が昨年2月に米科学誌に発表したiPS細胞(人工多能性幹細胞)に関する研究論文のグラフにねつ造や改ざんの不正行為があったと発表した。
 iPS細胞を開発した山中伸弥教授が所長を務める同研究所で研究不正は初めて。すでに論文の出版社に対し、論文の撤回を申し出ている。
 京大によると、不正が行われたのは、脳の血管の働きをiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使って再現した研究。
 科学誌に論文が発表された後、実験データに疑義があるとの情報が同研究所に寄せられ、京大が昨年9月に調査委員会を設置して調べていた。
 調査の結果、論文に掲載されたグラフ11個にねつ造や改ざんがあったと認定。いずれも論文の主張に有利な方向にデータが操作されていた。

[YOMIURI ONLINEより]